学習会開催「2018改正介護保険、ここが問題」

20170827_介護保険学習会③8月29日(日)ほっとマンマにて、介護保険の学習会を行いました。講師は、ほっとコミュニティえどがわの野川和康副理事長です。6月に発行した「ほっと通信」に掲載した2018年の改正後、介護保険制度がどのように変わるのか、それに伴い介護を受ける人たちへの影響は?また、地域で介護サービスを担う事業所へはどうしていくのか?という内容で、ほっと館の生活コーディネーターと地域で連携している事業所の方々20人が参加しました。現在、江戸川区介護保険事業計画の検討委員会も開催されており、その委員会に小規模多機能施設連絡会の代表として参加している方にも、委員会の議論の状況も報告していただき、実際に介護サービスを提供している立場の方々との意見交換もできました。
ほっとコミュティえどがわが、現在、新総合事業の中で受託している、介護予防のデイサービスである「ほっとサロン」が今年度で終了することになり、今後、新たな事業として行う準備もすすめているところです。いずれにせよ、来年度から大きく変わっていく介護保険制度を受けて、そこに関わる私たち事業所として、サービスを必要とする人にとって不利益とならないようすすめて行きたいと考えています。今後のことが決まり次第報告させていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA