代表あいさつ

ほっとコミュニティえどがわの活動は、2000年の夏からスタートしました。
区内に空家となった男子寮があり、その転用計画をつくろうというのが始まりです。

私たちは、人は誰でも、人としての尊厳を大切にされて、
その人らしい人生を全うする権利を保障されなければなりません。

そのために必要なものは何か・・・。
私たちは、高齢期の住まいのあり方に眼を向けました。
そして、最期まで、自分らしい暮らしを続けられる「住まい」、ほっと館に到達したのです。

人との関係性の中で、自分らしさを確かめながら、豊かに暮らし続けて欲しい・・・。
そんな思いが、ほっと館のいたるところで活きています。

ほっと館は、完成した「住まい」ではありません。
そこに暮らす人、スタッフ、そこを訪れる人・・・。
様々な人によって、つくられ続けていく住まいだと考えています。

是非一度、ここを訪れていただき、ほっと館をつくる仲間になっていただければ嬉しいです。

理事長 伊ケ谷明彦


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA